毎年7月12日、7月18日
両日とも12時00分から22時00分まで

久喜の提燈祭り「天王様」

久喜駅西口駅前周辺地域のため車での乗り入れは出来ません。
当日はクロネコヤマトが『集荷』に来ませんので、
申し訳ありませんが、発送も出来ません。


 久喜の提燈祭り「天王様」は、旧久喜町の鎮守である八雲神社の祭礼です。
 天明3年(1783年)の浅間山の大噴火で、桑をはじめ夏作物が全滅したことによる、生活苦、社会不安などを取り除くため、祭礼用の山車を曳き回して豊作を祈願したのが始まりと伝えられ、220余年の歴史と伝統を誇る祭りです。

 祭りは毎年7月12日と18日に行われます。7町内から7台の山車が繰り出され、昼間は、神話などから題材をとった人物の人形を山車の上に飾り立て、町内を曳き回します。夜は、人形を取りはずし、山車の四面に500個の提燈を飾りつけた、提燈山車に早変わりします。

 この提燈山車は夏の夜を彩るイベントとして最大の見どころとなっています。町内の若い衆が、賑やかな笛や鉦・太鼓のお囃子にのせ、関東一と言われる山車を回転させたりして、市内を巡行する様はまさに圧巻です。




昼は、神話などから題材をとった人物を乗せた山車を曳き回します。

各町内の人形は、次のとおりです。

本壱・・・素戔鳴尊(スサノオノミコト)

本二・・・武内宿禰(タケノウチノスクネ)

本三・・・神功皇后(ジングウコウゴウ)
仲町・・・織田信長(オダノブナガ)
志ん一・・・日本武尊(ヤマトタケルノミコト)

志ん二・・・神武天皇(ジンムテンノウ)




夜は、四面に提燈をつけた山車を曳き回します。
 午後8時ごろには、久喜駅西口ロータリーに、7台の山車が集合して、山車を近づけあったり、回転したりします。
久喜駅西口周辺は多くの見物客で賑わい、祭りにおける一番の見所となっています。